voice

お客様の声

voice

ALLOYD アロイド
オーナー小西 健二Kenji Konishi

日常にある非日常なもの・・・
「スタンダードの中から生まれるファッションの新しい矛盾」をコンセプトに、個性的で上質なコレクションを中心に、独自の視点で選び抜いたブランドを展開。店内の雰囲気もオールドな「街並」をイメージしており、一歩足を踏み入れるとそこは日本ではない場所、どこか海外のダウンタウンのような空気感が漂う。店舗で使っている素材についてもオーナー自らが「面白い」「カッコいい」と感じたものを使用しており、実際に使われていた「信号機」や「計り」、「チェーンブロック」などインダストリアルなものを店舗のいたるところで使い自分の想いを表現している。

DUCEとの出会い
  Meeting DUCE

最初はお店を作るときの業者さんで悩んでいました。僕はインダストリアルな雰囲気が好きで「出来上がっている」ものを使うのではなく「リユース」したもので自分の世界観を出せないかと思っていました。普段から収集グセがあり、普段、身の回りで使われないものを使って「店舗の内装を作りたい」という想いが強かったんで・・・
DUCEさんと最初の出会いはホームページでした。いろいろと情報を見ていてDUCEさんの事務所を見たとき、僕の想いを形にしてくれると感じました。それから「ホームページを見た」って連絡したのが始まりです。

DUCEに決めた理由
 Reason decided to DUCE

僕の想いを伝えるとき、最初は不安でした。「僕の価値観を理解してくれるのか」と。実際に会って漠然としていた想いを伝えると、DUCEさんはすごく「共感」してくれて、すごく嬉しかったです。そしてDUCEさんならきっと僕のイメージを形にしてくれると思い店舗デザインをお願いしました。僕が「ワイヤーを使って何かできないかな」と相談すると、DUCEさんは「面白そう」と心よく僕の気持ちを受け入れてくれたり、写メで「こんなの使えないですかね」って相談するとDUCEさんは「すごくいいね」と使い道を一緒になって考えてくれて、無理難題も心よく受け入れてくれました。「廃墟で行われる最後の晩餐」的な一見バカげたイメージをコンセプトに、打ち合わせの中でお互いがアイデアを出し合い「形」にしていけたと思います。造っているときは、まるで秘密基地を作っている子供のように純粋に楽しめましたね。

voice

店舗の仕上がり
 Finish of store

最初の段階の手書きのラフ案がすごく良くて、出来上がりはラフ案の80%ぐらいかと思っていました。でも実際にの仕上がりについては僕のイメージの150%の仕上がりで大満足です。取引先の方も評価してくれて「いままで見た店舗で一番カッコいい」って言ってくれた方もいました。DUCEさんは「リユース」という制約の中で最大限に、僕の思った通りの店舗を表現してくれたと思います。「身の回りにあるけど改めてクローズアップしないと気づかないもの」をうまく使い、店舗を完成させてくれたDUCEさんに感謝しています。

voice

オープン後
 After it opens

お店に来てくれるお客様に美容師さんとかが多くて「どこで店舗を造ってもらったの?」という声から始まり、DUCEさんなら安心して紹介できると思いました。僕のお店にも度々「不具合はないですか」という連絡をいただけたり、お店に来てくれることもあったり、アフターフォローもしっかりしているので安心してます。店舗を作って終わりではなく、作ってからが始まりというDUCEさんに紹介先の皆様も私も、大変満足しています。