Torano maki

物件を探す上で必要な事

重要なのは3点

良い物件は皆様と同じように、誰しもが探し求めています。自分がその物件の情報を目にする前に決まってしまったりすることはよくある事です。
では、そのような良い物件をできるだけスピーディーに探すにはどうしたらいいでしょう。

それはアンテナの張り方にあります。私がお勧めしているポイントは3つ。

① 信頼できる仲介不動産を見つける。
② インターネットで常に物件をチェックする。
③ 探している地域を歩く。

簡単な様な事ですが、まずこの3点をしっかり実行できていることが第一です。
むしろ、良い物件を見つけれる方は、最低でもこの3点をしっかりと実行している方がほとんどです。

不動産は開店準備の一番最初のパートナーです!

不動産業者をパートナーと考える事は非常に重要です。良い業者だと、お客様の事業内容を理解し、言われている物件の条件だけではなく、その事業内容に適した他の物件条件、例えばエリアだったり立地だったりを提案をしてくれるものです。事業に適したエリア、費用、面積などのバランスをちゃんと考えられると、いままで見向きもしなかった方向に良い物件が見つかるという事もあります。
勿論その為には連絡を待つだけでなく、自分からも良いと思った業者には密に連絡を取って下さい。相談を多くすればするほど、その業者もこの人の為に頑張ろうと思うものです。

また、物件を紹介してもらったら、レスポンスをちゃんと返す事も重要です。そうする事で、業者もお客さんが探しているイメージを共有しやすくなり、徐々にイメージした物件が出やすくなります。

不動産の情報とインターネットの情報は出所が違う?

インターネットに出ている物件は、実際には募集が終わっている物件と、フレッシュな物件がかなり混ざり合っています。そういう時は、パートナーの不動業者にこんな物件が出てたんだけどと、問い合わせてみるのも手です。直接管理不動産に問い合わせをしてくれるので、募集をしているかの確認が非常に速いです。また、情報を共有する事で、業者も探している物件をより明確にイメージできてきます。

やっぱり足を使うのは大事

探しているエリアが明確な場合は、そのエリアを実際歩いて観る事が大事です。そうする事で、その町の流れを肌で感じられるのもありますし、思わずお宝物件に出会う事もあります。
特にチェックするのは、まずは地元の管理不動産です。その地域の物件の大半はほとんど地元の管理不動産が管理しているものです。その中には、情報を大々的に出さず、地元の仲だけで紹介しているものも多くあります。まずは、その町を訪れたら管理不動産に挨拶しみましょう。
次に大事なのは、募集の張り紙がしてある物件と、ただ空いている物件。
募集の張り紙をしている場合はその管理不動産に即連絡。状況を確認しましょう。
空いている物件も気になったら、パートナーの不動産に連絡してみてください。直接オーナーに連絡がとれて、募集はしてないけど空いてるから貸してくれるという奇跡が起こるかもしれません。

物件探しは非常に難航する事が多くあります。ですが、行動を起こせば起こすほど、見つかるのも事実です。非常に根気がいる作業ですが、そういう時はもう一度、自分のお店の事業計画を見つめてみてください。そこに思わんうヒントが隠れている事もあります。

また弊社では物件探しを少しでもサポート出来る様に、指定の不動産会社と二人三脚でお客様をサポートしています。物件探しで、お困りな事がありましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

ご相談0422247301